逃れられない真実❤️続


こんにちは

ビリーフクラッシャーの三上知夏です。

 

この記事は「逃れられない真実💓」の続きです。

 

母親というのがわかりやすいだけで

自分が人に対して思う感情の全ては
自分の中にその感情が在る

存在していることが前提です。

だって、無かったらわからないから

怒られたことがない人がいて怒られても
何のこっちゃわからない(汗)

そんな感じ

これムカつくな〜〜っていう現象は
1人ではなく
もちろん他の人がいて感じる感情なのだろうけど

その人の中に湧いた感情ではなく
あくまでも自分の中に湧いた感情であって

その相手がはたして
ムカつかせようとしてやったのかどうか?
が重要なの

相手はそれでムカつくとか
全く思ってない人なら、そんなつもりなし。

その場合は
ムカつくんだけど〜と言うてみると
案外ごめん🙇‍♀️で済んだりする。

相手がそこでムカつくはずと
わかっていてやった場合

わざとですよね⁉︎

自分がムカついたとして
その喧嘩買いますか?買いませんか?
を決める事になるのだけど

なぜわざとやったのか?
ですよね?

わざとやる時は
単純に構って欲しいからの時が多くて

それを素直に出せない

俗に言う愛情の裏返しみたいな
みたいな事になったりする。

だって
私がムカつくのわかってやってるとしたら
相当私の事ご存知の方のはず!

ってことはだよ

粋なはからいができる
余裕があるかないかに
かかってくるわけ。

余裕があれば
構って欲しいんか〜〜こら〜?

とか可愛く言えたりするかもしれませんよね?

自分に余裕がないと
なんやねんオラ〜〜!となる。

それを言う瞬間にでも気づけたら

可愛く
なんやねんオラ〜〜❤️

と言うてみたらいいのかも。

これって
自分のあり方を試されていて
相手がどうのこうのではないの。

あなたがどんな態度でも
私はこうです!ができるかどうかなのね。

私はとても苦手です。

苦手なので
勉強し、練習しています。

自分のあり方を問い続けます。

多分よくあるパターンなので
頭の隅にでも置いていただけると
嬉しいです(≧∀≦)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です