大好物・続


こんにちは

ビリーフクラッシャーの三上知夏です。

 

この記事は「大好物💓」の続きです。

 

私は私が大好きな人を抱きしめるように
みんなに接することができたら

私が大好きな人を愛するように
みんなを愛することができたら

と思うようになりました

 

それって
上手くいきそうじゃない?

あなたはどう思いますか?

 

というところで前回終わりました。

 

どう思われましたか?

 

まず頭に浮かんだことが
実行できるかどうかの人体実験を始めました

大好きじゃない人に
大好きな人と同じようにできますか?

もっというと
大嫌いな人に
大好きな人と同じようにできますか?

 

そりゃ無理だわ〜〜(笑)

というのを
まあまあ、ぼちぼち繰り返し
人体実験を続けました

気がつけば
面白いものが手に入りました〜〜(笑)

 

すごいものが手に入りました

 

分析すると

一人で全部まかなうのではなく

この人とはこの部分で最高にまじわう
また別の方とも、その部分で最高にまじわう

という風に
分散した

 

まじわう人は
多少期間が空いてもまじわうから

心配したり
不安になったり
変な妄想したりするけど

基本は信じてる
いつでもまじわえると

分散した事で
さらにいい事もある

クオリティーが上がった

要は
その分野のスペシャリストに
それぞれお願いするという形に似ていた

 

もっとちかづけるなら

その人が
そもそも得意なもの
負担なくお願いできる事を
私に少し分けていただく感じ

それで何とか上手く回りました

 

でもそれでも
その相手からすると
私の相手はかなり面倒臭い様で

私の相手をしてくれている2人が
顔を合わせた時に
同じ悩みを話せる人として
話が盛り上がっていて面白かった

 

これって
絶対離れないと
もうわかってるというか
何というか

絶対離れないなんて事ないんだけど

それくらい
確実な仲といいますか
何といいますかね〜

上手く言ってる気がして
私は楽しいのでした

 

そして
1人の負担が前より減ったので
まだ捨てられたり
逃げられたりしにくいのかな〜と思います

付き合ったら
重たくなる人の参考になりそうだと
思うとります

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です