プロフィール



1975年生まれ

幼稚園で天才で天才だった子供が、小学生になってそっこうでグレた(笑)

幼稚園で学んだことが、普通の小学生の常識ではない現実を目の当たりにし、私が学んだことが意味をなさなくなってしまった。

玄関で靴を揃えたり、お行儀良かったり、いらんねや!と壊れた。

ここで母親は『クソババア』となり、現在私も子供に『クソババア』と言われる羽目になっている。

大人は理不尽だし矛盾している。

私のなんでなんでの質問責めに答える人もなく。本当のことを言うと怒られた。

私は、私を子供扱いしない大人が好きだった。

中学でさらに大人は敵となり、正義の刃を振りかざしては、大人の悪事を暴露して歩いた。決してヤンキーでも、不良でもない。

先生に嫌われ内申書が激悪。公立の高校には受かることがないレベルだった。お勉強ができなかったんじゃないよ。

高校は帰宅部で、バンドの追っかけにいそしむ。大学でバンドを組み活動を始める。

親は今でも、バンド活動に理解はない。

私にとっては、どんな私でも受け入れてもらえる、そのままで生きられる唯一の居場所だった。

音楽活動がらみで出会った方と、失恋したノリと勢いと、ものすごい求婚に洗脳され、

求めるばかりではなく、求められるのもアリかと思い結婚出産。

と思いきや旦那失踪(笑)

なんやねんこれーーと現在地を見失う。いると思っていた場所から、一気に別世界へ吹き飛んだ様だった。

この時も、私を支え続け、受け入れ、今までと何1つ変わらないのは、バンドの仲間たちだった。

私の人生に起こった想像もつかなかった出来事により、私はそれを解明すべくスピリチュアルにのめり込む。
までは良かったものの…

ありのままで良いと言うスピの話を、今のままでいい、パートでお先真っ暗の、毎日同じ日々の繰り返しで、一年が束でやってくるけど、子供と二人で寂しい、苦しい、悲しい毎日の私でいいのか〜という、大きな勘違いをした(爆)

そんなある日、スピの絡みで出会った方が、自己啓発プログラムに参加するというフェイスブックの投稿を見て、説明会に行く。

そこで、目が覚めてしまった。

地上30センチ程浮いていた私の足が地面について、二度と取れないくらい地面にねじ込まれる現象が起き、生まれて初めて、自分で自分に価値を付けるためだけに、自己投資をした。

そこで初めて自己啓発を知り、自分と向き合い始め、あり方を研究、人体実験を日々繰り返し現在に至る。

今は学びの中で思い込みが壊れる経験を生かし、伝えることで人の役に立つことがわかり、ビリーフクラッシャーとしての活動を密かに続けている。